読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

smemo

技術メモです。

カスタムアクティビティ Custom Workflow Activity

DynamicsCRM,365のカスタムアクティビティの作成方法

Visualstudio を使用している場合はDeveloperToolkitが便利。

DeveloperToolkitを使用してワークフローの作成についてはこちらを。

Create a new Developer Toolkit project

 


※注意点
カスタムアクティビティに対するInputとOutputはGUIで定義するのではなく、
コード内でInput、Outputを定義するとDynamics側でカスタムアクティビティを使用する際にInOutのパラメータを使用できるようになる。

以下イメージ

[Output("output")]
public OutArgument<String> Output { get; set; }

[Input("input string")]
public InArgument<string> Input { get; set; }

 

 Dynamicsの標準機能であってもよさそうな、こまごまとした機能を実装する際に使えそう。(Datetimeフィールドの日付だけを表示したり、計算フィールドではできない計算をするなどなど)